街中でよく見かける大人気車種の小型ハイブリット乗用車トヨタアクア(AQUA)。 街乗りに適しているイメージの強いアクアですが、工夫すれば快適に車中泊することも可能です。車中泊ができれば車で旅行にいける範囲も広がります!今回はアクアで車中泊する方法についてまとめました。

 

【スポンサーリンク】

トヨタアクアで車中泊する必要あるの?

車中泊というとどうしてもキャンピングカーや大型SUV、ミニバンでの車中泊をイメージする方が多いと思います。「そもそもアクアで車中泊する必要があるの?」と疑問に思われる方もいるでしょう。
しかし考えてみてください。少人数で遠方に旅行に行く際やキャンプなどのアウトドアに行く際に、わざわざ大型SUVやミニバンを使うのは運転のしやすさや燃費を考えても無駄が多いと思いませんか?もしいつも乗っているアクアで車中泊ができるのであれば、そのほうが良いと思いませんか?
また、スノーボードなどに行った際には、急遽降雪が強くなって帰れなくなる事態も考えられます。そんなときに、アクアで上手に車中泊するテクニックを知っていれば最悪のケースである「寝床が無い」ということを回避できるので慌てずにいられます。
「アクアは車中泊に向いていない」と決め付けてしまわずに、もっとアクアを楽しめるようになりましょう!

【スポンサーリンク】

車中泊するためのシートアレンジとそのときのサイズは?

さて、実際にアクアで車中泊を検討する際にもっとも重要になるのはシートアレンジとそのサイズです。適切なシートアレンジを知らなければせっかく使えるスペースを無駄にしてしまいますし、あらかじめサイズを頭に入れておかなければ「いざ車中泊!」というときに窮屈で体を痛めてしまうこともありえます。いくらアクアで車中泊が可能といっても、力士のように大きな大人が何人も寝られるわけではないので、注意が必要です。

一般的に車中泊の際に使われるシートアレンジである「後部座席を倒した際の室内スペース」について、

長さ:170cm(前席を含まず)
身長170cm以上の方ですと、足を曲げて寝なければいけない長さです。見方を変えると、身長170cm未満の方であれば、足を伸ばして就寝できる十分な長さを備えていると見ることもできます。

幅:100cm
シングルベッドの幅が97cmなのでほぼシングルベッドと同じ幅といえます。大人2人が寝るには少し幅が狭く感じるかもしれません。

高さ:66cm
横になって寝るのであれば十分な高さはありますが、人によっては圧迫感を感じる人もいるので、一度横になって試してみるのが良いかと思います。

上記のとおり、トヨタアクアにはある程度の室内スペースがあることがわかりますが、実際に寝床として快適に使用するためには注意点があります。それは、各箇所に生じる段差やデッドスペース(隙間)です。

1.後部座席とラゲッジスペースのあいだ

まず、後部座席を倒したときに後部座席とラゲッジスペースとのあいだに段差があります。これは後部座席の下にバッテリーがあるという設計上の理由から発生してしまう段差になります。
後部座席とラゲッジスペースとのあいだの段差はおよそ長さ68cm、幅100cm、高さ20cmになりますので、これと同等のサイズのコンテナボックスやケースなどがあれば段差を限りなく小さくすることが可能です。ただしその場合にはコンテナボックスやケースの硬い表面の凹凸をカバーするためにアクリル板などの板状のものを敷いた上で、布団や毛布などを敷くのがオススメです。

2.フロントシートとリアシート(後部座席)のあいだ

当然、フロントシートとリアシート(後部座席)のあいだにも同じようにデッドスペースができてしまいます。デッドスペースの大きさはおよそ長さ30cm、幅37cm、高さ55cmになりますので、こちらもこれと同等のサイズのコンテナボックスやケースをあいだに置くことによって水平な平面を作ることが可能です。上記同様、アクリル板などの板じょうのものに加えて布団や毛布などを敷くことをオススメします。

上記の通り、トヨタアクアは車中泊をするのに必要な最低限のスペースがあることがわかりました。ただし、後部座席を倒した際の長さが170cmと身長によって大きくオススメの就寝体制が異なりますので以下に身長・人数別のオススメシートアレンジをまとめてみました。
なお、人数が3人以上の場合はスペース的に車中泊が難しいといえますので省いています。

1.身長170cm未満/一人で就寝

まず身長170cm未満の人が一人で就寝するケースですが、この場合は後部座席を倒した一般的なシートアレンジでの就寝がオススメです。
長さが170cmありますので足も伸ばすことができますし、幅も100cmとシングルベッドよりもやや広い幅になりますので、毛布や布団などで質感を整えれば快適な車中泊ができそうです。

2.身長170cm未満/二人で就寝

続いて身長170cm未満の人が二人で就寝するケースですが、この場合も上記同様後部座席を倒した一般的なシートアレンジでの就寝がオススメです。
長さが170cmあるため二人とも足を伸ばすことができます。
ただし、一人あたりの幅が50cmと狭く二人がかなり近い距離で就寝することになりますので、事前にスペースを確認して、二人がその近さにあらかじめ同意しておくほうが良いと思います。

3.身長170cm以上/一人で就寝

続いて身長170cm以上の人が一人で就寝するケースですが、この場合は後部座席ではなくフロントシートを可能な限り倒して就寝するのがオススメです。
車中泊の場合は翌日も運転を控えていることケースがほとんどなので、後部座席で足を曲げた状態で寝るのは翌日の足を含む体全体の疲労を考慮するとオススメできません。
また、後部座席で就寝する際のコンテナボックスやケースによるフラット化を気にする必要がないので、購入や設置の手間が省け、ラゲッジスペースにも余裕ができるのがメリットです。

ただし、フロントシートは完全にはフラットにはならないので、多少足を曲げてでもフラットで寝るほうが良いという人に関しては、後部座席を倒した一般的なシートアレンジでの就寝がオススメです。

4.身長170cm以上/二人で就寝

最後に身長170cm以上の人が二人で就寝するケースですが、この場合は運転席と助手席を一人一つずつ使用し、可能な限り倒して就寝するのがオススメです。後部座席で二人で寝るのは足を曲げないといけない関係上、かなり厳しいと考えられます。

【スポンサーリンク】

車中泊するときの便利グッズを紹介!必ず揃えたいものは?

前項で紹介したとおり、後部座席を倒して就寝するケースとフロントシートで就寝するケースでは必ず揃えたいグッズが異なってきます。順番に紹介していきます。

後部座席を倒して就寝するケース

引用 http://balearock.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

o就寝スペースをフラットにするためのコンテナボックスやケース
車内には2つの段差、デッドスペースがあります。後部座席とラゲッジスペースのあいだ(長さ68cm、幅100cm、高さ20cm)とフロントシートと後部座席とのあいだ(長さ30cm、幅37cm、高さ55cm)です。このスペースを埋めるための適切な大きさのコンテナボックスはケースが必ず揃えたいグッズです。

 

oアクリル合板のような板状のもの

コンテナボックスやケースを置いただけでは凹凸がありますので、平らなアクリル板などの板状のものを上に置くことでフラットな平面を実現できます。
より快適さを求める人にはアクリル板の上にマットレスを敷くことで、可能な限り自宅のベッドや布団で寝ている状態に近い状態を作ることが可能です。

引用 http://miki38.blog86.fc2.com/blog-entry-179.html

 

o布団、毛布あるいはシュラフなどの寝具

フラットな平面ができたあとは快適に就寝するための寝具が必要になります。季節に応じて布団、毛布やシュラフを用意します。枕が無いと寝られないという人は枕も忘れずに準備しましょう。

引用 http://balearock.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

 

フロントシートで就寝するケース

o布団、毛布あるいはシュラフなどの寝具

フロントシートで就寝する場合にはフラット化に必要なコンテナボックスなどの用意が不要になりますので、基本的には必要な寝具さえあれば就寝できます。

あると便利なグッズも紹介!

必須ではないけどあると便利なグッズを紹介します。

サンシェード
車外からの視線が気になる方は必須。特に女性がいる場合はサンシェードをつけておくことをオススメします。また、冬の寒い時期には外の冷たい空気を遮断する効果もあります。

ライトなどの照明器具
車内のルームランプを長い時間使用しているとバッテリーがあがる危険性があるので、ライトなどの照明器具があると便利です。

扇風機
夏の暑い時期には扇風機があるとかなり助かります。乾電池式のものか、車内にUSBポートがある場合はUSB式のものがオススメです。

アイマスク
就寝場所によっては例えばパーキングエリアや道の駅など電灯がつきっぱなしのところもあります。車外からの明かりを遮断して快適な睡眠をするためにはアイマスクは便利です。

耳栓
就寝場所によっては車外の騒音がある場所もありますので、耳栓もアイマスク同様に快適な睡眠を助けてくれます。

枕やネックぴロー
首を痛めてしまうと翌日以降の運転に影響がでるので、首をサポートする枕やネックピローも便利なグッズです。

トヨタアクアの車中泊のまとめ

トヨタアクアの車中泊についてまとめると、以下になります。
アクアでも工夫すれば車中泊は可能
ただし室内スペースは限られており身長が170cmを超えるとやや窮屈に感じる可能性大
最大2人まで就寝が可能
後部座席でフルフラットで就寝するためにはいくつか準備するもの(コンテナボックスなど)が必要
様々な便利グッズでより快適に車中泊することが可能

旅行先などで「いざ車中泊!」というときに、「狭すぎて眠れなかった」、「準備物が全く足りなかった」ということがないよう、事前にシミュレーションして望むことが大事です。