2011年に発売を開始して以来、人気を保ち続けているトヨタのアクア。
ハイブリッドカーでありながらも手頃な価格で手に入れることができるのは人気の理由の一つでもあります。

ここではグレード別の価格や支払い総額、値引きの違いを特集してお届けしていきましょう。
アクアの購入を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

また一部ではありますが、外装や内装の画像も合わせてお届けしていきましょう。

【スポンサーリンク】

トヨタ アクアのグレード別価格

まずはアクアのグレード別でのメーカー希望小売価格を御紹介していきましょう。

グレード 価格(税込み)
L 178万5,240
S 188万6,760
G 205万2,000
G“ソフトレザーセレクション” 207万9,000
Crossover 205万2,000
S“Style Black” 197万9,640
Crossover“Glam” 212万3,280
G“GR SPORT” 232万2,000
G“GR SPORT・17インチパッケージ” 252万7,200

「S“Style Black”とCrossover“Glam”」は特別仕様車です。
両車とも安全性能、インテリア等の質感がベースのグレードに比べてupされています。

特別仕様車で200万円台前半までで購入できるというのは嬉しい価格と言えるのではないでしょうか?
ちなみに人気のグレードはGとSです。

画像はグレード「G」のインテリアです。
シートにはスエード調のファブリック(ダブルステッチ付き)が使用されディープブラウンが落ち着いた雰囲気を演出しています。

続いては支払い総額についてお話ししていきましょう。

【スポンサーリンク】

トヨタ アクアの支払い総額っていくら?何がプラスされる?

新車を購入する際には車の価格以外にも様々な費用が必要となってきます。
支払い総額を見てビックリ!した経験はありませんか?そうならないためにもアクアの支払い総額の内訳を御説明していきましょう。
ここでは「特別仕様車S“Style Black”」(画像下参照)とグレード「G」を例に取り上げてみました。
オプション、下取りなし。トヨタの公式サイトでの見積りシミュレーションで行ってみました。(2019. 1.26)

内訳 価格「S“StyleBlack”」 「G」
車両 197万9,640(税込み) 205万2,000(税込み)
自動車税 2,800 2,800
自動車取得税 -49,400 -51,300
自動車重量税 -22,500 -22,500
自賠責保険料 36,780 36,780
販売諸費用 65,727(参考価格) 65,727(参考価格)
リサイクル料金 9,130 9,130
合計 209万4,077(税込み) 216万6,437(税込み)

以上のような価格となりました。

両車の特に大きな共通点と言えば、スマートエントリー&スタートシステムとToyota Safety Sense(衝突回避支援パッケージ)+先行車発進告知機能が標準装備されていることです。
それに加えてS“Style Black”には、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が標準装備されています。
Gにはメーカーオプション28,080円(税込み)となっています。
また、Gにはクルーズコントロールが標準装備されています。

では内訳の説明をしていきましょう。
車両価格を引くと両車とも、11万4,437円の費用が必要となっています。

*自動車税
車の所有者であれば毎年納める税金です。
4月を基準とし、車を登録した翌月から翌年の3月までを月割り計算して支払うようになっています。
1月であれば翌月の2月の支払いは1ヶ月分となり2,800円になります。
※なおグリーン化特例と言ってアクアの自動車税は2019. 3. 31迄に新車新規登録を行った場合は翌年度のみ75%の減税となり、約9,000円の納付となります。(本来であれば約34,500円)

*自動車取得税・自動車重量税
新型アクアはエコカー減税対象車なので、今はエコカー減税が適用され免税となります。
自動車取得税は新車購入時のみに支払う税金で、自動車取得価格×税率で計算するため税額が変わってきます。
自動車重量税は車検ごとに支払います。
※なお、エコカー減税には適用期間があり間もなく終了します。
自動車取得税は2019. 3.31迄に、自動車重量税は2019. 4. 30迄に新車新規登をした場合に1回のみ適用されます。

*自賠責保険料
強制保険とも呼ばれ、車を運転するならば必ず入らなければならない保険です。
新車を購入した際には次の車検までの37ヶ月分支払います。

*販売諸費用
車庫証明取得代行費用・登録代行費用・納車費用の参考価格となっています。

*リサイクル料金
自動車リサイクル法に基づく「シュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類」を安全・確実に処理するための料金で、新車購入時に前払
いとして支払います。

以上が内訳の説明です。

さて続いてはアクアの値引きについてお届けしていきましょう。

【スポンサーリンク】

トヨタ アクア新型の値引き、時期やオプション、下取りで違う?

車を購入する際にはどのくらいの値引きをしてもらえるのか!?非常に気になるところですよね?さてアクアの値引きは時期やオプション、下取りによって違いはあるのでしょうか…!?

☆購入する時期について。
ズバリ!値引きには違いが出てきます。

値引きに期待ができるのは1月~3月にかけての年度末決算期か、8月半ば過ぎ~9月の中間決算期です。
通常の時期に比べると10万円ほど上乗せの25万円以上の値引きが期待できるかもしれないと言われています。
その次で言えば12月のボーナス時期。購入を急がないのであればこれらの時期を狙いましょう。

☆オプションについて。
価格の20~30%の値引きは期待できるようです。
比較的安めのフロアマットやサイドバイザーなどは無料にしてくれることが多いので選択肢に入れておかれるといいでしょう。

「フロアマット(ベーシックタイプ)」〈GRシリーズ除く〉
税込み16,200円・1台分。

「サイドバイザー(ベーシックタイプ)」
税込み12,960円

またオプションを多く勧められる事もありますが、本当にそれが必要なのかどうかしっかりと見極めるようにしましょう。

アクアには多くのオプションやアクセサリーが用意されています。
オプションをあれこれ付けていたら高額になってしまったというユーザーさんからの声もあったりします。

純正品は比較的高いので他のお店で安く購入できるものもあります。(純正品ではありませんが)
カタログや公式サイトでオプションやアクセサリーの確認をして検討しましょう。

☆下取りについて。

下取り車があると購入資金に充てることができるので非常に重要になってきますよね?ですがディーラーでの下取り価格は非常に安い場合があります。
ネットの買い取り査定に比べると車種や年式などによる違いはありますが10万円以上の差が出る場合もあると言われています。
ディーラーで下取りをしてもらうと手続きなどの手間も省けて楽ではありますが、下取り価格は安いということは理解しておきましょう。

前もってネットで買い取り価格を査定してもらうと比較ができますよね?オススメは「かんたん車査定ガイド」。自宅にいながら簡単に査定してもらえます。
ディーラーの下取り価格が交渉しても思うような金額に上がらなければ、買い取り査定の方を検討された方がいいかもしれません。

以上が値引きに関しての情報です。
購入計画をしっかりと立ててからディーラーへ向かうようにしましょう。

トヨタ アクア新型の価格と値引き情報まとめ

新型アクアの価格に関する情報をお届けしてきました。
アクアを購入する際に必要な費用等、お分かり頂けたでしょうか?

☆新車を購入する際には、税金・保険料・諸費用・リサイクル料金が必要である。
値引きに関しては…
☆お得に購入するなら1月~3月、8月半ば~9月。
☆オプションは本当に必要なものだけを選択。フロアマットやサイドバイザーはサービスしてくれる可能性あり。
☆下取り車がある場合は前もってネットで査定をしましょう!

少しでもお得にアクアが購入できますように…。

最後までお読みいただきありがとうございます。