コンパクトなハイブリッドカーとして人気のアクア。今は事故防止の為に様々な安全機能が開発され次々と搭載されています。
新型アクアの安全性能はどうなっているのでしょうか?誤作動や事故の心配は…?ライバル車と比較して安全性能は充実しているのでしょうか…。ここでは新型アクアの安全性能に焦点を当て、御紹介していきましょう。

【スポンサーリンク】

トヨタ アクア新型の安全性能と評価

アクアの安全性能の予防安全と衝突安全においては、グレードによって標準装備されているものが異なっています。
まずは共通して標準装備されているものから御紹介していきましょう。

【標準装備】

▷EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト
▷VSC&TRC…横滑りによる車両の安定を確保、発進と加速時のアクセル操作をサポート
▷ECB(電子制御ブレーキシステム)
▷ヒルスタートアシストコントロール…坂道発進でのずり落ちを緩和
▷ドライブスタートコントロール
▷車両接近通報装置…発進から速度25㎞/hまでのEV走行中や後退時に発音し、歩行者に接近を伝えます。
▷緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式)
▷SRSエアバッグ(運転席・助手席)
▷WILコンセプトシート(運転席・助手席)…むちうち傷害を低減する作りとなっています。

続いてはグレード別による安全性能についてお話していきましょう。

【グレード別安全性能】

グレード「G・G“ソフトレザーセレクション”・Crossover」、特別仕様車「S“Style Black”・Crossover“Glam”」に標準装備されているのが、衝突回避支援パッケージのToyota Safety Sense+先行車発進告知機能です。
(グレードL/Sにはメーカーオプション43,200円〈税込み〉)

「プリクラッシュセーフティ」
レーザーレーダーと単眼カメラによる路上での先行車や昼間の歩行者を検知し、事故の回避や衝突被害の軽減をサポート。

衝突が予測される場合には警報ブザーとディスプレイに表示。ブレーキが踏めなかった時には自動ブレーキが作動し、踏めた時にはアシストをします。
※警報は対車両では自車速度約15~140㎞/h、対歩行者には約15~65㎞/h。自動ブレーキは対車両では自車速度約10~80㎞/h、対歩行者には約10~65㎞/hで作動します。

「レーンディパーチャーアラート」
道路上での白線や黄線を認識しウィンカーを出さずに車線をはみ出す可能性がある場合、ブザーとディスプレイに表示して知らせます。
※幅約3m以上の車線を速度約50㎞/h以上での走行時に作動。

「オートマチックハイビーム」
夜間の走行でハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる機能。速度約30㎞/h以上で作動します。

「先行車発進告知機能」
信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車が約4m以上進んでも止まったままであると判断した場合にはブザーとディスプレイで表示して知らせます。
※ブレーキペダルを踏んでいる時に作動します。(シフトポジションがP/Rの時は作動しません)

そして特別仕様車の2台には、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)も装備されています。
他のグレードにはメーカーオプションとなり、L/SはToyota Safety Senseを選択した場合にメーカーオプションとなります。
Lが税込み51,840円、それ以外のグレードは税込み28,080円となります。

「インテリジェントクリアランスソナー」
アクセルの踏み間違いや踏みすぎによる衝突や被害を緩和。車庫入れなどの時の静止物接近をブザーとディスプレイで表示し、静止物との接触を緩和します。
※15㎞/h以下での走行時に進行方向にある静止物を検知した場合、ハイブリッドシステムを抑制、距離が縮まると自動ブレーキがかかります。

以上がアクアの安全性能です。

グレードL/Sにはメーカーオプションとなっているのがやや残念な感じは受けますが、不要であると言う方もおられることを想定してのことなのでしょうか…?
2015年にはJNCAP予防安全性能評価“ASV+”を高得点で獲得しました。

特別仕様車は「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」、グレードG・G“ソフトレザーセレクション”・Crossoverは「セーフティ・サポートカー」となります。(標準装備のみの場合)

ここ数年でよく耳にする事故に対する予防・軽減機能ですが、お伝えしたように自車速度の表示がありましたよね?その事はしっかりと把握しておくことが大切です。
あくまでもこれらの機能はサポートであるということを忘れずに御自身で安全運転を常に心がけましょう。

ではこの安全性能、本当に大丈夫なの!?と疑問に思われる方もいるのでは?お話していきましょう。

【スポンサーリンク】

トヨタ アクア新型の安全性能は本当に大丈夫なの?誤作動や事故は?

新型アクアの安全性能についてお伝えしましたが、確かにこのような性能があれば心強いですよね?車を運転していればハッとすることは誰にだってあります。
そのハットが軽減するのであればやはり欲しい機能と言えるでしょう。
ですが果たして本当に大丈夫なのでしょうか?

トヨタの公式サイトでは

「安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。
本機能を過信せず、必ずドライバーが責任をもって運転してください。」
引用:www.toyota.jp/

と書かれています。

また、自動ブレーキが正常に作動しない場合として…

*大雨や雪などの悪天候
*車が横から割り込んできたり、飛び出してきた時 など。
センサーが検知しない場合としては…
*悪天候などで視界が悪い時
*フロントウィンドウガラスのセンサー前が曇ったり結露した時など。
*動物や木、オートバイなど。

一部を挙げてみました。

実際にアクアのユーザーさんからの口コミ情報にも「物体に反応しない時があった。」との声がありました。
他には「安全性能は御守りと思って運転している。」「レーンディパーチャーアラートは高速道路運転時に役に立った。」という声も…。
安全性能の誤作動での大きな事故の情報は調べた限りではありませんでしたが安全性能にも限界があり、大丈夫と安心しきっていては事故に繋がる可能性もあるということは忘れないようにしましょう。

それでは最後にライバル車との安全性能の比較をしてみましょう。

【スポンサーリンク】

トヨタ アクア新型の安全性能のライバル車との比較

今はどの社も安全性能には力を入れています。
アクアのライバル車としてよく言われる「マツダのデミオ・日産のノート e-POWER、ホンダのフィット(ハイブリッド車)」の安全性能はどうなのでしょうか?比較をしてみました。

マツダのデミオ

引用:www.mazda.co.jp

日産ノート

引用:https://www.3.nissan.co.jp>vehicles>new

ホンダフィット

引用 https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

「安全性能比較」

アクアを基準としてそれに相当する安全性能を表記しています。
グレード別設定であったり、メーカーオプションも含みます。

アクア デミオ ノートe-POWER フィット(ハイブリッド車)
プリクラッシュセーフティ アドバンスト・スマート・シティブレーキ・サポート インテリジェントエマージェンシーブレーキ ・衝突軽減ブレーキ・歩行者事故低減ステアリング
レーンディパーチャーアラート 車線逸脱警報システム ・LDW(車線逸脱警報)・車線逸脱防止支援システム ・路外逸脱抑制機能・車線維持支援システム
オートマチックハイビーム ハイビームコントロールシステム ・ハイビームアシスト・インテリジェントオートライトシステム(フロントワイパー連動・薄暮れ感知)
先行車発進告知機能 先行車発進お知らせ機能
インテリジェントクリアランスソナー ・AT誤発進抑制制御
・リアパーキングセンサー
踏み間違い衝突防止アシスト 誤発進抑制機能
SRSエアバッグ(運転席・助手席) ・SRSエアバッグシステム(運転席・助手席)
・カーテン&フロントサイド
SRSエアバッグシステム(前席) ・i-SRSエアバッグシステム(運転席)
・SRSエアバッグシステム(助手席)
車両接近通報装置 車両接近通報装置 車両接近通報装置
クルーズコントロール(G/G“ソフトレザーセレクション”) クルーズコントロール インテリジェントクルーズコントロール アダプティブ・クルーズ・コントロール
交通標識認識システム 標識認識機能
※SRSサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグ(メーカーオプション) ※SRSカーテンエアバッグシステム(メーカーオプション) ※前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム〈前席・後席対応〉(タイプ別設定)
〈その他の機能〉
※リア・クロス・トラフィック・アラート
※スマート・シティ・ブレーキ・サポート
※ブラインド・スポット・モニタリング

 

以上が4車の安全性能の比較です。

最も安全性能が充実しているのはデミオ。しかも殆どの機能が全車に標準装備されているというのが素晴らしい点です。
何に重きを置いているのかが分かります。
デミオは「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」になります。
ちなみにデミオのブラインド・スポット・モニタリングとは、車線変更時に後方から来る車の接近を知らせてくれる機能です。
これはぜひとも欲しい機能ですね。

ノートはグレードによってメーカーオプションとなるものがありました。アクアと似ていますね。e-POWER SとNISMO Sを除くノートは「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」の対象となります。

フィットはタイプ別設定であったりメーカーオプションとなるものが多かったです。
Honda SENSING搭載車は「セーフティ・サポートカーS〈ベーシック+〉」となります。
フィットはミリ波レーダーと単眼カメラを搭載しているところがアクアと違う点。アクアに搭載されているレーザーレーダーよりも性能は上です。

全車に共通して言えることは…
*先進安全装備に十分な対応をしている車であるということ。
*警報や自動ブレーキなどの作動は自車速度に制限があるということ。(4車それぞれ速度の数値は違っています)

その中でもデミオが一歩リードしているということになりますね。
ですが全車とも完全に防ぐことはできません。
限界があり、注意事項をしっかりと確認することが大切です。

トヨタ アクア新型の安全性能まとめ

アクアが誕生して7年が過ぎました。
マイナーチェンジと一部改良を行いながら安全性能も向上。全車に標準装備とはいかないまでも、特別仕様車は十分な安全装備。他のグレードでもメーカーオプションで同じ状態にもっていくことは可能です。

時代の流れと共に車に求められることも変わってきているのを感じます。
車の最先端技術には本当に驚かされるものがありますね、心強い味方です。
ですが何にでも完璧というものはありません。限界があります。

ドライバーが気をつけなければいけない事は性能面ばかりを把握して、限界や注意事項を把握していないことが多いということ。むしろこちらの方が大事と言えるのではないでしょうか?購入する際には十分に確認しておきたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。